新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2019年3月号

ごあいさつ

今年の冬は雪が少なかったですね、こんな年は記憶がありません。
スタッドレスタイヤが来年も使えるか心配です・・・。

3月の矯正相談・治療日は4、5、7、11、12、14日、顎関節外来は8、19日になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 花粉症の時期は歯周病・虫歯になりやすい? >

院長花粉症の方は口腔内にも注意が必要?

冬が終わり、暖かくなってくると多くの方が苦しんでいる花粉症の時期に入ります。

もうすでに花粉症に悩んでいる人もいるかと思います。花粉症の時期になると歯周病や虫歯が増えるという、少し気になる記事がありました。

おいしそうなものを見たり、すっぱそうなものを見たりすると分泌される唾液、この唾液が虫歯や歯周病の予防に役立っているというのはご存知でしょうか?この唾液には抗菌や洗浄の機能があり、大変活躍しています。

歯の再石灰化にも唾液は重要な存在です。

その重要な存在の唾液が、花粉症の薬によって減ってしまうというのです。全ての薬がそうとは言えませんが、花粉症治療薬や風邪薬などには唾液の分泌を低下させる成分が入っている場合があるようです。

この成分によって唾液の分泌が減り、抗菌や洗浄が十分にされることが減り、歯周病や虫歯になってしまうリスクが増えるというわけです。

唾液の分泌が減ると、口臭も酷くなりますので、薬を常用にている方は、少し意識をしたほうが良いかもしれませんね。

(歯科ニュースより転載)

スタッフコラム
スタッフコラムこんにちは!
受付の丹後です!

最近少しずつ暖かくなって、もうすぐそこまで春がやってきていますね(^-^)

昼休み…アシスタントの本間さんとこのアプリのブーム再来☆笑
何枚もとって笑いがとまらない昼休みでした(^-^)/


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る