新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

エピペン

エピペンとは、エピネフリンが入った注射器付きの薬で、薬物アレルギーの際の急性アレルギー症状(アナフィラキシーショック)を緩和するために使われます。

アナフィラキシーショックの典型的な症状としては、薬物などが体内に入ってから数分から数十分以内に、呼吸困難、ショック、意識障害、血圧低下、めまいが起きます。はじめに、じんましんのようになることが多いということです。ときとして、数分以内に、生命をおびやかすような危険な症状になることもあります。

エピペン

治療設備一覧に戻る