新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

歯科用CT

新栄町歯科医院では歯科用CTスキャンを導入しました。歯科用CTスキャンでの診断では、従来のレントゲン診断に比べて、下記のような診断がより正確にできます。又医科用CTに比べ、低被爆で撮影でき、身体にも負担が少なくすみます。

歯槽膿漏、歯周病の骨の状態

歯槽膿漏、歯周病の歯の根の周りの歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、歯槽骨の溶けた(吸収した)範囲や状態の診断もより正確に行え、事前の治療方針の決定などにも役立ちます。

根の先の病気の大きさと範囲

根の先にできた病気の大きさと病気の範囲が立体的に把握できます。これにより、根の治療が可能かどうかの判断もより正確に行えます。

親知らずの状態の診査

立体的に歯の方向、神経との距離を知ることが可能となり、より正確な診断が行えます。

歯の根のひび割れなどの範囲と状態

今までの平面的なレントゲン診断ではわからなかった、ひび割れの範囲と大きさの正確な診断が行えます。これにより、歯の保存が可能かどうかの判断も事前に行えます。

インプラントの事前診断

歯科用CTスキャンでの撮影でインプラント治療時に、事前にインプラントを入れる歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、インプラント治療の可否や入れる場所の位置決めが事前に正確に決定できます。


詳しくは院長、医院スタッフにお尋ねください。

歯科用CT

治療設備一覧に戻る